2006年08月01日

新車の値引きを探るにはここから見積もりがいいでしょうね♪

 簡単見積もり♪


 
posted by しんしゃ at 14:28| Comment(30) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

新車の値引きなどを探るにはここから見積もりするのが飯豊と思います。

新車の見積もりはここからやると大変便利です。

最安見積もりもできるでしょう。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

新車の見積もりはここからやると大変便利です。

最安見積もりもできるでしょう。

 

自動車について

自動車(じどうしゃ、automobile/car)は、原動機の動力によって車輪を回転させ、軌条(軌道)や架線によらないで、走行する車両。人や荷物を運搬するために使用されることが多い道具・機械である。

通常は車輪が3個以上(ほとんどは4個以上の偶数個)のものを指すが、法律や行政関係用語では、農業機械や建設機械、二輪車(オートバイ)も含む場合がある。道路交通法などでは、車両の一区分として定義されており、軽車両(自転車など)と原動機付自転車を除く、原動機を積載した車両が自動車として定義されている。

* 例 - 小型(大型)特殊自動車、二輪自動車など

目次

* 1 歴史
* 2 自動車の種類
* 3 自動車の部品
* 4 主な自動車メーカー
o 4.1 日本の製造者
o 4.2 過去に存在した日本の製造者
o 4.3 外国の製造者・ブランド
o 4.4 過去に存在した外国の製造者・ブランド
* 5 チューナー、カロッツェリア、デザイナー、コーチビルダーなど
* 6 自動車に係る問題
* 7 スポーツ、趣味としての自動車
* 8 最新の技術動向
* 9 自動車を利用した産業
* 10 自動車関連のテレビ番組
* 11 主な自動車情報誌
* 12 自動車評論家
* 13 関連項目
* 14 外部リンク

 

歴史

初期には蒸気機関で動く蒸気自動車が存在した。これは蒸気機関車のようなレール上を走るものではなく、動く方向がある程度変えられるものである。その後、蒸気機関に多数の改良が加えられ、比較的小型のボイラーで高温・高圧の蒸気を使ったものが作られるようになった。

イギリスでは1827年ごろから定期バスとして都市部及び、都市間で広く用いられ、1860年ごろにはフランスでも用いられるようになった。1900年ごろにはアメリカ合衆国で、石炭の代わりに石油を使った蒸気自動車が作られ、さらに普及していった。アメリカ合衆国では、1920年代後半まで蒸気自動車が販売されていた。最終的に淘汰されたとは言え、蒸気自動車無くして、現在のモータリゼーションは無かったと言えよう。

1865年にイギリスで赤旗法が施行された。当時普及しはじめた蒸気自動車は、道路を傷め馬を驚かすと敵対視されており、住民の圧力によってこれを規制する赤旗法が成立した。この法律により、蒸気自動車は郊外では4マイル(6.4km)/h、市内では2マイル(3.2km)/hに速度を制限され、人や動物に警告する為に、赤い旗を持った歩行者が先導しなければならなくなった。

イギリスでの蒸気自動車の製造、開発は、この赤旗法が廃止される1896年まで停滞することになり、それに続くガソリン自動車の開発においても、ドイツやフランスが先行する事になる。
1885年型ベンツ
拡大
1885年型ベンツ

1876年、ドイツのニコラウス・オットーがガソリンで動作する内燃機関(ガソリンエンジン)を発明すると、ゴットリープ・ダイムラーがこれを改良。二輪車や馬車に取り付け、走行試験を行った。1885年にダイムラーによる特許が出されている。

1885年、ドイツのカール・ベンツは、ダイムラーとは別にエンジンを改良。車体から設計した3輪自動車をつくった。ベンツ夫人は夫の隙を狙いこの自動車を自力で運転し、製造者以外でも訓練さえすれば運転できる乗り物であることを証明した。ベンツは最初の自動車販売店を作り、生産した自動車を数百台販売した。また、ダイムラーも自動車会社を興した。現在、ガソリン式自動車の発明者はダイムラーとベンツの両人とされることが多い。

初期の自動車は手作りであるため非常に高価なものであり、貴族や大金持ちだけが所有できるものであった。そして彼らは自分たちが持っている自動車で競走をすることを考えた。このころに行われた初期の自動車レースで活躍したのが、今日もF1やル・マン24時間レースなどで活躍するルノーである。
フォード・T型
拡大
フォード・T型

1907年には、フォードがフォード・T型を発売した。フォードは、流れ作業による大量生産方式を採用し自動車の価格を引き下げることに成功した。これにより裕福層の所有物であった自動車を、大衆が所有することが可能となり自動車産業は巨大なものとなっていった。

ヨーロッパでは1910年ごろに、大衆の自動車に対する欲求を満たすように、二輪車の部品や技術を用いて製造された小型軽量車、いわゆるサイクルカーが普及していった。

1922年に、フォードと同様の生産方法を用いたシトロエン・5CVやオースチン・セブンなどの小型大衆車が発売され、本格的に自動車が普及していく事になった。また、それに伴いサイクルカーは姿を消していく事になる。

* 電気自動車

 

自動車の種類

* 小型・普通乗用車
o セダン
o リムジン
o ハッチバック
o クーペ
o ハードトップ
o ステーションワゴン
o ミニバン
+ ワンボックスカー
o SUV
+ クロスオーバーSUV
o オープンカー
+ ロードスター
+ ターマック
+ カブリオレ
+ コンバーチブル
+ タルガトップ
+ Tバールーフ
+ クーペカブリオレ

* 大型乗用車 - バス (交通機関)
* 軽自動車 - 排気量や寸法に制限あり。1990年以降660cc以下
* ミニカー - 排気量50ccまたは出力0.6kw以下の原動機を使用する一人乗り普通車
* ハイブリッドカー−二種以上の動力源をもつ自動車。一般的にはガソリン・エンジンと電気モーターを併用するものが市販される。

* 貨物自動車 - トラック、ライトバン、タンク車、トレーラーヘッド
o ピックアップ
o キャブオーバー
o セミキャブオーバー

* 特種用途自動車 - キャンピングカー、救急車、消防車、霊柩車など
* 小型特殊自動車 - 産業機械(フォークリフトなど)、農業機械(コンバイン、耕運機、トラクターなど)、土木建設機械(ロードローラーなど)
* 大型特殊自動車 - 大型建設機械(クレーン、パワーショベル)
* オート三輪
* 全地形対応車

* 大衆車

 

自動車の部品

* 内燃機関(エンジン)
o エンジンオイル
o ハイブリッドエンジン
o ディーゼルエンジン
o レシプロエンジン
+ 水平対向エンジン
+ 縦置き、横置き直列エンジン
+ V型エンジン
+ ガソリン直噴エンジン
o ロータリーエンジン
+ 水素ロータリーエンジン
o ガスタービンエンジン
o 水素エンジン
* ドライブトレイン
o 変速機(トランスミッション)
+ マニュアルトランスミッション(MT)
+ セミオートマチックトランスミッション(セミAT)
+ オートマチックトランスミッション(AT)
+ 無段変速機(CVT)
o 二輪駆動
o 四輪駆動(4WD)
o デファレンシャル
* サスペンション
o 独立式懸架サスペンション
o ストラット式サスペンション
o ダブルウィッシュボーン式サスペンション
o マルチリンク式サスペンション
o エアサスペンション
* ホイール
o アルミホイール
o マグネシウムホイール
* タイヤ
* ステアリング

* ボディ/シャーシ
o 衝突安全ボディー
o フロントグリル
o エンブレム
o バンパー
o リアスポイラー
o ドア
+ ガルウイング
+ スライドドア
+ 観音開き
o エアロパーツ
* マフラー
* ブレーキ
o ドラムブレーキ
o ディスクブレーキ
o アンチロック・ブレーキ・システム
* フレーム
* バックミラー
o ドアミラー
+ ドアミラーウインカー
o フェンダーミラー
* 灯火類
o ヘッドライト
+ HID式ヘッドライト
+ ハロゲンヘッドライト
+ プロジェクターヘッドライト
+ リトラクタブル・ヘッドライト
o ランプ
o フォグランプ
o ポジショニングランプ
* その他
o シートベルト
o バケットシート_(自動車)
o エアバッグ
o イモビライザー
o チャイルドシート

 

主な自動車メーカー

名前から車種を調べたい場合は、自動車の車種名一覧が便利。

日本の製造者
Toyoda AA
拡大
Toyoda AA

* トヨタ自動車
* 日産自動車(フランスのルノー傘下)
* 本田技研工業(ホンダ)
* 三菱自動車工業
* マツダ(アメリカのフォード傘下)
* 富士重工業(スバル)
* 光岡自動車
* トミーカイラ
* チョロQモーターズ
* ガレージリボン(現ドリームプロポーション)

* スズキ
* ダイハツ工業
* 日野自動車
* いすゞ自動車
* 三菱ふそうトラック・バス
* 日産ディーゼル工業
* 東京R&D
* ASL
* タケオカ自動車工芸

 

過去に存在した日本の製造者

第二次世界大戦前

* オートモビル商会
* 宮田製作所
* 大阪自動車
* 東京自動車製作所
* 柳瀬商会(現ヤナセ)
* 快進社自動車工業→ダット自動車製造(現日産自動車)
* 石川島造船所→石川島自動車工業→チーゼル自動車工業(現いすゞ)
* 実用自動車製造
* 白楊社
* 京三自動車商会
* 豊田自動織機製作所(現・豊田自動織機)(自動車部が独立してトヨタ自動車工業・(現トヨタ自動車))
* 戸畑鋳物
* 日本内燃機製造
* 川崎車輛
* 池貝製作所
* 日本エアブレーキ
* 岡本自転車製作所
* ライト自動車製造→ライト自動車工業
* 中島製作所
* 日本輸送機械製作所
* 聖自動車製造
* 京豊自動車工業
* 国益自動車製造

* 水野鉄工所
* 昭和内燃機製造
* 安川モータース
* 兵庫モータース製作所
* 日進自動車
* 中央製作所
* 平野製作所
* 旭内燃機
* モーター商会
* マツヲ電気自動車製作所
* 日本電気製作所
* 中央自動車
* 名古屋自動車製作所
* 大阪車体製造
* 日本デーゼル工業
* 帝国製鉄
* 東浦自動車工場
* 福田自動車
* 愛国燃料販売
* 日本交通工場
* 日立製作所
* 陸王内機
* 東京瓦斯電気工業

第二次世界大戦後

* 水島機器製作所
* 東日本重工(現三菱自動車工業)
* 東京電気自動車→たま電気自動車→プリンス自動車工業→富士精密→プリンス自動車(日産自動車に吸収合併)
* 汽船製造
* 金剛製作所
* 愛知機械
* 太田自動車製作所→高速機関工業→オオタ自動車工業
* 明和自動車工業
* 日本軽自動車
* パドル自動車工業
* 住江製作所
* 日本オートサンダル自動車
* 民生デーゼル工業→日産ディーゼル
* 日研機械工業
* 富士自動車(現・小松ゼノア)
* 岡村製作所
* 昌和製作所(現・創輝)
* 三井精機工業
* 東急くろがね工業
* ホープ自動車
* アラコ

 

外国の製造者・ブランド
ルノー・カングー
拡大
ルノー・カングー
サーブ・9-5
拡大
サーブ・9-5
起亜・リオ
拡大
起亜・リオ
フォード・エクスペディション
拡大
フォード・エクスペディション
ロータス・エリーゼ
拡大
ロータス・エリーゼ

* ゼネラルモーターズ (米)
o キャディラック(米)
o シボレー (米)
o サーブ (スウェーデン)
o オペル (独)
o ヴォクスホール (英)
o ホールデン(豪)
o GM大宇(韓)
+ セハン(韓)
# GMコリア(韓)
* 新進(韓)
* セナラ(韓)
* フォード (米)
o マーキュリー (米)
o リンカーン (米)
o ジャガー (英)
+ デイムラー (英)
o ボルボ (スウェーデン)
o アストンマーチン (英)
o ランドローバー (英)
* ケンワース (米)
* ピータービルド (米)
* マック (米)
* インターナショナル (米)
* ダイムラー・クライスラー (独)
o メルセデス・ベンツ (独)
+ マイバッハ (独)
+ MCCスマート(独)
o クライスラー(米)
+ ジープ(米)
+ ダッジ(米)
o フレートライナー (米)
* フォルクスワーゲングループ (独)
o フォルクスワーゲン (独)
o ベントレー (英)
o シュコダ (チェコ)
o セアト(スペイン)
o アウディ (独)
+ ランボルギーニ (伊)
o ブガッティ (仏)
* ポルシェ (独)
* BMW (独)
o ロールス・ロイス (英)
o MINI (英)
o アルピナ (独)
o MGローバー (英)
+ MG(英)
+ ローバー(英)
* マン (独)
* YES! (独)
* RUF (独)

* ペガソ (スペイン)
* タトラ (チェコ)
* カマズ (露)
* ラーダ (露)
* UAZ (露)
* スカニア (スウェーデン)
* PSA
o プジョー (仏)
o シトロエン (仏)
* ルノー (仏)
o アルピーヌ (仏)
o ルノーサムスン (韓)
o ダキア (ルーマニア)
* ブガッティ (仏)
* TVR (英)
* モーガン (英)
* ジネッタ (英)
* ケーターハム (英)
* マーコス (英)
* アリエル (英)
* フォーデン (英)
* フィアット (伊)
o イノチェンティ (伊)
o アウトビアンキ (伊)
o アルファ・ロメオ (伊)
o フェラーリ (伊)
o マセラティ (伊)
o ランチア (伊)
* デ・トマソ (伊)
* イベコ (伊)
* ダフ (蘭)
* ドンカーブート (蘭)
* ケーニグセグ (スウェーデン)
* バーキン (南アフリカ)
* ヒュンダイ (韓)
o 起亜 (韓)
+ 亜細亜 (韓)
* 雙龍 (韓)
* プロトン (マレーシア)
o ロータス・カーズ (英)
* TDカーズ (マレーシア)
* ペロデュア (マレーシア)
* タタ (印) 
* ヒンダスタン (印)

 

過去に存在した外国の製造者・ブランド
コード・L-29
拡大
コード・L-29
オースチン・ヒーレー3000
拡大
オースチン・ヒーレー3000

* デロリアン(米)
* タッカー(米)
* アウトウニオン(独)(現・アウディ社)
* NSU(独)(現・アウディ社)
* DKW(独)(現・アウディ社)
* ヴァンダラー(独)(現・アウディ社)()
* ホルヒ (独)(現・アウディ社)
* ルーツ (英)
* アドラー (英)
* チェッカー (米)
* パッカード (米)
* モンテヴェルディ (スイス)
* アルヴィス (英)
* タルボ (仏)
* ルーツ (英)
* ヒルマン (英)
* コード (米)
* デ・トマソ (伊)
* プーマ (ブラジル)
* スタンダード (英)
* パナール (仏)
* ラサール (米)

* オースティン (英)
* サンビーム (英)
* チゼータ(米)
* カイザー (米)
* レイナード (英)
* イスパノスイザ (スペイン)
* イソッタ・フラスキーニ (伊)
* マートラ (仏)
* AMC (米)
* スチュードベイカー (米)
* エクスキャリバー (米)
* レイランド (英)
* デラヘイ (仏)
* アウトビアンキ (伊)
* イソ (伊)
* IKA (アルゼンチン)
* ファセル (仏)
* ピアスアロー (米)

 

チューナー、カロッツェリア、デザイナー、コーチビルダーなど

* AC SCHNITZER
* RUF
* ケーニッヒ
* アルピナ
* ハルトゲ
* ジェームズ・ヤング
* 童夢
* TECH ART
* オ・ガラ・コーチワークス
* 9ff
* PSI MOTOR SPORT
* ゲンバラ
* バン・デン・プラ
* SPORT TECHNIC
* Carlsson
* Lorinser
* ブラバス
* アバルト
* ギア
* イタルデザイン
o ジウジアーロ
* FUF
* ユーリエ

* ピニンファリーナ
* ベルトーネ
* ガンディーニ
* カルマン
* ザガート
* MINE's
* STI
* ニスモ
* Tom's
* TRD
* 無限
* マリナー・パークウォード
* AMG
* ブラバス
* RALLIART
* マツダスピード
* DRS
* スズキスポーツ
* AUTECH
* HKS
* アペックス
* ブリッツ(自動車用品メーカー)
* TOP FUEL

 

自動車に係る問題

* 環境問題(大気汚染、二酸化炭素の増加による温暖現象など)
o 大型トラックやバスのディーゼルエンジンから出る排気ガス(窒素酸化物、黒煙など)により大気汚染が進行している - ディーゼル規制の実施、都心への乗り入れの規制(ロードプライシング = ある地域への乗り入れに料金を課す)、モーダルシフトの推進など
o 二酸化炭素の増加による温暖現象 - 燃費規制、大型車対策のほか、ハイブリッド車、燃料電池車の開発など
o 廃車問題 - 中古車の下取り金額の低下、引き取り金額の請求(俗に逆有償などと呼ばれる)などにともない、古くなった自動車のごみとして乗り捨てが発生している。自動車部品のリサイクルを促進するために2005年より自動車リサイクル法が導入される。

2003年現在、LCA(ライフサイクルアセスメント = 製品やサービスの寿命までの間のエネルギー消費の評価手法)では、電気自動車よりハイブリッドカーが良いとされているが、将来は燃料電池車が良くなると考えられている。ただし、誤解されがちであるのだが、現行の燃料電池車も燃料電池とモーターのハイブリッド駆動を行っているので、広義的にはハイブリッド車は燃料電池車も含むこととなる。

* 路上駐車等運転者の交通ルール意識低下・無関心 「罰金払えばいいんだろう」的開き直りドライバー増加に伴う交通警察の交通安全と関係ない集金ビジネス的無意味かつ不当な交通取締-反則金-今井亮一
* 交通事故の問題 - 運転中の携帯電話・PHS・カーナビ・車載テレビ等の使用や注視の禁止、大型トラックへの90km/hリミッター義務付け、飲酒運転取締りの強化など
* 自動車利用の商業施設の増加による中心街の衰退 - ドーナツ化現象
* 暴走族による騒音や危険運転等の問題 - 初日の出暴走
* 製造コストのカットを目的とした複数車種にわたる共通設計の増加により、設計や部品に起因する不具合の発生時(リコール)の影響が大きい。
* 自家用車の発達(モータリゼーション)による公共交通機関の衰退、それに伴う交通弱者の増加

 

スポーツ、趣味としての自動車

* モータースポーツ
o フォーミュラカー

F1、IRL、F3000、フォーミュラ・ニッポン、チャンプカー、F3、FJ1600

o レース

JGTC 全日本GT選手権、DTM 、BGTC、ツーリングカーレース

o ラリー

WRC、国内ラリー、パリ・ダカールラリー、ラリークロス

o その他

ジムカーナ、ダートトライアル(ダートラ)、レーシングカート、 ドラッグレース、サーキット走行

* エンターテインメント
o モンスターカー
o ヒルクライム
o デコトラ(アート・トラック)
o スポコン(スポーツコンパクト)
o クイズラリー
o ドリフト

 

最新の技術動向

* ハイブリッドカー
* 燃料電池車
* 電気自動車
* LPG自動車
* バイフューエル
* コモンレールシステム (ディーゼルエンジン)
* ガソリン直噴エンジン
* ULEV、ZLEV
* HCCI(予混合気圧縮自着火)
* バイオディーゼル燃料
* 高濃度アルコール含有燃料
* 排気再循環(EGR)
* クルーズコントロール
* SH-AWD
* イモビライザー

 

自動車を利用した産業

* タクシー - ハイヤー
* バス (交通機関)
* 運輸業 - 宅配便
* 運転代行
* レンタカー
* 自動車整備業
* 自動車ディーラー

 

自動車関連のテレビ番組

* 新車情報 → 新車ファイル クルマのツボ(テレビ神奈川 (tvk))
* カーグラフィックTV(テレビ朝日/BS朝日)
* 日本の名車 (BSフジ)
* 三軒茶屋モータリングクラブ(テレビ東京)
* モーターランド (テレビ愛知)
* トップギア (英BBC)

 

主な自動車情報誌

* NAVI (二玄社)  
* ENGINE (新潮社)
* カーグラフィック (ニ玄社)
* カーマガジン (ネコ・パブリッシング)
* モーターマガジン
* ル・ボラン (学習研究社)
* ニューモデルマガジンX (ムックハウス/三栄書房)
* 外車情報ウィズマン
* Tipo
* J's Tipo
* 月刊自家用車
* CAR and DRIVER (シティ出版/ダイヤモンド社)
* ドライバー (八重洲出版)
* CAR BOY
* REV Speed

* Option
* Option2
* OptionWagon
* ドリフト天国
* PlayDrive
* CARトップ (交通タイムス社)
* ベストカー (三推社/講談社)
* F1速報
* WRC Plus
* UCG
* カーセンサー
* グー
* Goo WORLD
* カッチャオ.com

 

自動車評論家

* 小林彰太郎
* 徳大寺有恒
* 吉田匠
* 清水和夫
* ポール・フレール
* 大川悠

 

関連項目
ウィキメディア・コモンズに、自動車に関連するマルチメディアがあります。

* 自動車産業
* 自動車工業
* 自動車工学
* オートバイ
* 自転車
* 運転免許
* 自動車整備士
* 自賠責保険(通称「強制保険」)
* 車検
* 車台番号
* カー・オブ・ザ・イヤー
o 日本カー・オブ・ザ・イヤー
o RJCカー・オブ・ザ・イヤー
o ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー
o 北米カー・オブ・ザ・イヤー
* ユーロNCAP
* モータースポーツ
* 寒冷地仕様
* 排ガス規制
* パークアンドライド
* キスアンドライド
* 自動車の車種名一覧
* 高度道路交通システム
* 自動車の整備
* 自動車リサイクル法
* カーオーディオ
* ナンバープレート
* 東京モーターショー
* カー用品店
* 輸入車
o フランス車
o ドイツ車
* 日本国内専用車
* クラシックカー
o 旧車
* 日本自動車連盟(JAF)
* 飲酒運転
* アルコール検知機
* 車両の部位

posted by しんしゃ at 14:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。